トップページ > コーヒーマニアックス > コーヒーに含まれる栄養分

コーヒーに含まれる栄養分

カフェイン・・・興奮作用、利尿作用、消化作用、解毒作用などがあります。コーヒーの薬効の多くはこのカフェインによるものです。
タンニン・・・コーヒーの苦味にかかわる成分
糖分・・・焙煎によってカラメル化しコーヒーの色の元になります。
たんぱく質・・・カスの方に大部分が残るがこのたんぱく質の一部が分解されコーヒーの風味を高めます
脂肪・・・脂肪分も風味を高めるのに重要な役割を果たします。
繊維・・・繊維成分も焙煎によって炭化しカラメル化した糖分と融合してコーヒー特有の色をつくっています

スポンサードリンク

 

Copyright © 2006 ダイエット食品マニアックス. All rights reserved