トップページ > ガジュツマニアックス > ガジュツの副作用

ガジュツの副作用

ガジュツはまれに皮膚が痒くなるなどのアレルギー症状や肝障害、胆管障害の副作用が報告されています。肝硬変や胆石のある人は量を控えるか避けたほうが良いようです。
また、もともと肝臓に障害がある人は摂取前に医師に相談した方が良いようです。

ガジュツの飲み始めに腹痛や下痢などの消化器症状が出ることがあるようです。

ガジュツの代謝物質が肝臓に負担をかけたり、アレルギー反応を起こす副作用の可能性があるようです。

肝臓の働きを高めるとされるガジュツの摂取がきっかけとなって、肝硬変の60代女性の症状が悪化し死亡した副作用の事例がありました。

B型やC型の慢性肝炎患者が肝機能悪化で入院するなど、 ガジュツ摂取後に副作用により肝障害を発症した事例があります。
また、六十代の肝硬変の男性が、ガジュツをのみ始めた後に肝性脳症で入院。 ガジュツをやめ食生活を改善すると状態は回復したという報告もあります。

スポンサードリンク

 

Copyright © 2006 ダイエット食品マニアックス. All rights reserved